Moms-diary’s

思春期の子供2人と中年の夫と暮らす主婦の日記

「2月の勝者」第4話を見ました。中学受験塾のオプション講座は受講するべき?

ブログ訪問ありがとうございます。

 

「2月の勝者」のドラマを見る度に色んな事を思い出して、とても共感してしいます。

第4話では特別講座が塾ではノルマになっていることや、下のクラスでは算数の模試は前半の部分だけ解くとか、父親が中学受験に全く関心がない家庭の様子だとか、リアル感満載でした。

今回は中学受験塾の任意講座について、考えてみました。

任意の季節講座は必ず受講しないといけないのか

ドラマでは、オプションのはずの特別講座を、塾側が保護者に受講するように促していました。

もちろん、オプション講座は塾の利益に繋がるのだし、特別講座の受講者を増やそうとするのは当然だと思いますが、任意講座だったら、受講するかは自由ですよね。

私の子供たちが通っていた塾では、季節講習は必須受講でした。

というのも、春季講習、夏期講習、冬期講習などは授業の一環としてカリキュラムが進んでいくので、受講せざるを得なかったです。

カリキュラムの学習とは別に、復習や予習の意味を持つタイプの講習の場合はそうでは無いかもしれないですが、塾サイドからの営業は何らかの形であると思います。

その他、6年生からの志望校別講座や志望校模試は、志望校としている生徒はほぼ全員受講していると思います。

6年生からの特別講座などは、受験が迫っていてることもあるし、保護者も生徒も必要かどうかを考える余裕が無く、塾が提案したものを受け入れていく傾向にあると思います。

ただ、ドラマの6年生のGWの頃だと、まだ気持ちの余裕があってディスニーランドに遊びに行く方を選ぶ家庭もあるかもしれません。

 

算数のオプション講座はお勧めします

この季節講習は多くの生徒が参加すると思うのですが、それとは別の通常期にもオプション講座を設定している塾もあると思います。

基礎力を向上させる講座だったり、応用力をつけさせる講座だったりとした通常授業にプラスして学力をつけさせるものがあったりもしますが、別に授業料が必要になってきます。

受講するかしないかは各家庭の考え方や生徒の状況によって、違ってくると思います。

ただクラスアップや偏差値アップを強く希望している場合は利用した方がいいと思います。

特に算数は下のクラスだと、授業の中に応用問題を取り扱ない場合が多く、その取り扱わないような問題が模試で出題されると、ほぼ解けないです。

4年生だと差があまり無いのですが、5年、6年となっていくとドンドン差がついてしまって、6年生の模試になると基礎問題の学習だけでは、算数では半分は取れないかもしれない。

というか、そうゆうふうにテストが作られているそうです。

知識系の学習は家でも出来ますし、努力次第で高得点も期待できると思いますが、算数は違います。

ドラマでも「算数を制するものは、中学受験を制する」と黒木先生もおっしゃっていました。

    f:id:Moms-diary:20211108234136j:plain

たとえ計算力はあっても、中学受験の算数は思考力を必要としてきますので、難易度を上げた問題を解いていく練習をしないと、模試では高得点に繋がらないと思います。

塾でもそれを踏まえて、オプション講座を勧めていると思います。

塾での偏差値をあげたい、クラスアップをしたい場合は算数のレベルアップの為のオプション講座を早いうちから受講した方がいいと思います。

個別塾や家庭教師の方が効率が良いのかもしれませんが、オプション講座よりも断然高額になると思います。

 

自信と得点欲の実感がやる気スイッチに

ドラマでは黒木先生が算数のテストを半分に破いて、半分だけ解くようにと生徒に伝えると、多くの生徒の点数が伸びていました。

そして、特別講習を申し込んでいなかった生徒が、父親にディスニーランドに遊びに行かずに講習を受けると言いだし、今まで答えを写して提出していた宿題も、真面目にやり始めました。

   f:id:Moms-diary:20211108231757p:plain

これはドラマのストーリーだけど、この得点アップの実感が子供にとって大きなご褒美になって、さらに頑張ろうとする「やる気スイッチ」に繋がるのは事実だと思います。

私の息子も、入塾当時の模試では思うような結果にならなかったのですが、オプション講座を受講したり、復習を丁寧にしたりして、数ヶ月後に偏差値がぐんと伸びました。

4年生ということもあり、幼く未熟な息子で、やらされての宿題であったり、親に指示されてのオプション講座であったりしたのですが、点数がぐんと伸びた喜びは大きかったようで、その後の得点欲に大いに繋がっていったと思います。

 

まとめ

季節講座は塾の方針にもよるのですが、ほとんどの生徒が受けているし、やっぱり受講しておいた方がベターかもしれません。

復習や予習を目的とした特別講座なら、その分を自宅で学習することも可能かもしれませんが、集団で学習するという空間を自宅でつくり出すのは中々難しいと思います。

季節講座以外では、算数のオプション講座を受講するのはお勧めです。

ドラマでの「合格者と不合格者はほぼ100%算数で差がつきます」というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、他の科目より断然点数差がつきやすい科目なのは事実で、とにかく中学受験は算数が一番重要で、先手必勝の科目だと思います。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

また「2月の勝者」で気になったこと、綴っていきます。