Moms-diary’s

思春期の子供2人と中年の夫と暮らす主婦の日記

キッチンの排水溝は小まめにお手入れをしないと詰まります。突然の詰まりを想定して、事前に準備しよう。業者さんに依頼すると痛い出費になります。

昨日の夕食前に突然、キッチンのシンクの排水溝が詰まってしまいました。

完全に詰まったわけではないのですが、普通に水を流し続けると、排水溝側から水が溢れてきて、洗い物などが出来ませんでした。

夜7時前頃の事でした。

f:id:Moms-diary:20210929133531j:plain

排水溝の詰まりは突然に

我が家は築8年の戸建で、キッチンも8年目で、初めての排水溝の詰まりでした。

これから子供たちに夕飯を呼びかけようとしていた時でした。

夕飯の後の片付けや、子供たちの弁当箱の洗い物等々があって、その後キッチンのシンクが使えないのはあり得ないし、明日も朝から弁当作らなきゃならないし。。

すぐにネットで詰まった時の対処方法を見たんですが、自力でやれるかどうかもわからないし、まだ夜の7時なので業者さんも来てくれやすいと思い、ネットで信頼出来そうな業者さんに来てもらいました。

 

電話では、業者さんは出張、見積もり無料とおっしゃっていました。

ですが、状況を見て、見積もりを出してもらうまでは無料で、その見積もりにOKを出すと無料だったはずの出張費が発生するのだそうです。

結局、出張費はいるんだから、「出張費無料」を強調するのはおかしい、、と思いましたが。

そして業者さんは、「これならローポンプで大丈夫でしょう」とのことで、出張費5千円とローポンプ作業代1万5千円、ネットオーダー割引が3千円、消費税込み18700円也の見積もりでした。

ローポンプ作業代が1万5千円、ポンプって、どんな? 相場はいくら?

等々考えている暇もなく、結局すぐOKと伝えました。

とのことで、業者の方はポンプと見積書を車に取りに行かれました。

てっきり、野菜くずが流れていって詰まった!っと思ったのですが、どうやら長年の油汚れが原因でした。

 

あっさり詰まりは解消

業者さんの持ってきたローポンプとは、くの字に曲がっている配管詰まり専用ポンプの事でした。

ピストンのようにバスン、バスンとハンドルを前後に動かすと、シンク側にきったない水がどっと溢れだしました。

茶色い塊のヘドロみたいなものが、どんどん出てきました。

それはそれは、恐ろしい光景でした。

一旦、シンクは汚い水で満たされましたが、すぐにバズバズっと音を鳴らしてサーっと流れていきました。

たぶん、上下運動一回で詰まりは解消しました。

その後、何度かそのポンプで上下運動を数回して、湧き上がってくる水もきれいなものになってから、作業は終了となりました。およそ5分程度のことでした。

その後、支払いをすませ、無事私は昨日の炊事作業を終えることは出来ました。

詰まったのは7時で、業者さんが来られたのは8時で、8時半にはシンクは使えるようになっていたので、シンクが使えないストレスはほぼありませんでした。

ちなみに、ローポンプを検索したら、普通に通販で販売していました。

 

業者さんのアドバイス

新品の流しを使い始めて8年たったのですが、詰まったのは今回初めてでした。

業者さんがおっしゃっていたのですが、キッチンの配水管はたいてい油汚れで詰まっていくそうです。

うちの配水管はS字部分が急カーブで細くなっている型で、詰まりやすいそうです。

f:id:Moms-diary:20210929133540j:plain

詰りを防ぐには

・毎晩、水仕事の最後にお湯を30秒~1分くらい流し、最後に桶一杯くらい水を流しておくと、ずいぶんと防げるようです。

(ですが、これだと光熱費と水道代がかなり掛かってきますよとのこと。。)

・定期的にパイプクリーナーをしていくのも、効果的だそうです。

(ですが、1ヶ月に1度程度なら、意味がないらしく、しょっちゅう行わなければならないらしいです。)

 

フライパンに残った油がわずかでも、日々洗い流していくうちに、どうしても配管に油汚れが付着していくらしいです。

 

最後に

今回は私にも知識がなかったことで、業者の方に来て頂いたことで痛い出費となりましたが、次回詰まる時がありましたら、事前に道具を用意しておいて、一旦自分で対処してみようと思います。

ローパイプを事前に用意するのは、ちょっと高価かなと思うのでとりあえずは

  f:id:Moms-diary:20210929135822p:plain

こんな感じのものを探してみました。

ちなみに、直接配管に通して掃除するブラシの事を聞いてみたら、うちの配管は細くて急カーブなので、途中でブラシが折れたり、詰まったりしやすいのでやめた方がいいそうです。
そうなったら、配管ごと取り替えしなくてはならなく、もっと大きな費用がかかってしまうとのことでした。
緩いカーブの太い配管のものだと、それも有効利用出来るのかもしれません。

 
とにかく、痛い出費でしたが、良い勉強になりました。。

皆様も、お気を付け下さい。